(まだ工事中)小生のまいぺーすぶろぐ

2020/12/20終了時点で2020年の馬券回収率85%です。

京都記念2021(GⅡ)共同通信杯2021(GⅢ)予想

まずは京都記念の予想から。

f:id:shousei_no_blog:20210214145047p:plain

ワグネリアンの復活にかけます。

宝塚記念は大敗しましたが、これは道悪馬場もありましたがノド鳴りの状態が良くなかったよう。その後手術し、ノド鳴りが解消したのは好材料です。

もともと古馬GⅠでも勝ちきれはしないものの掲示板を外さずに堅実に走る実力馬なので、このメンバーでは一枚格上と言える存在です。

普通に走れればここでは負けられないと思います。

 

相手にダンビュライト。

GⅡ2勝はいずれもこの時期の2200m戦で、距離的にはベスト条件。

あまり前に行きそうなメンバーもいないので、すんなり先行できそうなのも好材料です。

ただどちらかというと力のいる馬場の方が向く馬なので、その分割り引いて対抗です。

 

3番手にジナンボー。

GⅢ級では好走していますし、GⅠでも大阪杯でそこそこの競馬をしているようにこのメンバーでもそれなりにやれそうです。

但し若干引っかかる面があるのでベストは2000mまでで、ここは1ハロン長い印象もありこの評価としました。

 

続いてラヴズオンリーユー。

オークス馬ですし、昨秋もエリザベス女王杯3着といい競馬を見せています。

ただ牡馬相手には鳴尾記念2着くらいしか実績がないので個人的には牡馬に交じるとGⅢ級という評価をしています。

その割にかなり人気しているので、抑えの評価としました。

 

後はやはりこの距離で実績のあるステイフーリッシュと復調してきた感じのあるモズベッロを抑えておきます。

 

馬券はワグネリアン単勝ワグネリアンからの馬連を買います。

 

続いて共同通信杯

f:id:shousei_no_blog:20210214150318p:plain

新馬勝ち直後ですがディオスバリエンテを本命にしました。

前走は万全の態勢で抜け出した2着馬を馬場の悪い内から差し切る強い内容の競馬。

着差はクビでしたが、その2着馬ボーデンは次走未勝利戦でほぼ馬なりで後続を6馬身突き放してかなりの好タイムでの圧勝を演じており、それを負かしたディオスバリエンテはかなり強いと言えると思います。

スッと好位につけられ折り合えるセンスの良さもありますし、ここでも好勝負すると思います。

 

相手にステラヴェローチェ。

朝日杯では若干追い遅れた印象があったものの、メンバー中1番の脚を駆使して2着と負けて強しの競馬でした。

当然ここでも有力ですが、追いきりを見る限り若干引っかかりそうな気配を出しており、距離延長が若干微妙に見えたので対抗としました。

 

3番手にレフトゥバーズ。

前走の新馬戦は軽く仕掛けられて1分34秒5,上り3F33.4秒でまとめて後続を3馬身半突き放して勝ち切っており、かなりの好内容でした。

このタイムは翌日行われた赤松賞の勝ちタイムと同タイムながら、上りはレフトゥバーズの方が0.5秒速いです。ちなみに赤松賞の勝ち馬は昨日のクイーンCの勝ち馬アカイトリノムスメでした。

ここでも当然有力ですが、走法を見る限りかなり瞬発力形に寄った感じで距離延長がどう出るかは何とも言えないため3番手評価としました。

 

あとはやはり新馬勝ちの内容が良かったシャフリヤールと、府中2000mで連勝中のエフフォーリアを抑えておきます。

 

馬券はディオスバリエンテの単勝、ディオスバリエンテからの馬連を買っておきます。